Minecraft をLinuxへインストールする方法

スポンサーリンク

minecraft

Ubuntu16.04へMinecraftをインストール

子供にせがまれてMinecraftのプログラム環境を作ることになりました。先日、たまたま使っていないWindows VISTAの入った古いPCへUbuntuをインストールしました。そこへMinecraftをインストールしましたのでその手順を紹介します。

Minecraftをダウンロードする

Minecraft公式ページよりユーザー登録&Minecraftアプリのダウンロードを行ってください。Ubuntuからアクセスすれば自動的にOSを認識して簡単にダウンロードできると思います。ちなみにライセンスは3,000円でクレジットカードやPaypalで支払いが可能です。

Minecraftをインストール

ホームディレクトリの下に作ったminecraftディレクトリでminecraf関連のデータを保管しようと思います。ダウンロードされたファイルはダウンロードディレクトリに格納されているので、minecraftディレクトリを作成してマインクラフトのダウンロードデータを移動します。拡張子jarのファイルはzipで固められた複数のファイルから成り、Javaで実行できるファイルになります。

$ cd
$ mkdir minecraft
$ cd minecraft
$ mv ../ダウンロード/Minecraft.jar .

Javaのインストール

マインクラフトはJava上で動くため、次はJavaのインストールを行います。apt-getを使って簡単にインストールできる様ですので、以下の手順でインストールします。

sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
sudo apt-get update
sudo apt-get install default-jre
sudo apt-get install default-jdk

ところが最初のadd-apt-repositoryで下記のエラーが発生。apt_pkgがないと怒られたので、apt_pkgをインストールしようとしたけどもうまくインストールできない。いろいろ調べたけど、Ubuntu16.04のバグのような感じなのか解決策が見つからない。

ModuleNotFoundError: No module named 'apt_pkg'

仕方なしに、無理やりすべて実行したところ、なぜかjavaが動くようになりました。

$ java -version
openjdk version "1.8.0_131"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_131-8u131-b11-2ubuntu1.16.04.3-b11)
OpenJDK Server VM (build 25.131-b11, mixed mode)

Javaが動くようになったので、Minecraftを動かしてみます。

java -jar Minecraft.jar

すっきりしませんが、一応、動きました。これからいろいろ動かしてみて問題あるようだったらそのとき対処することとします。まずは動いてよかったです。

Mincraft画面

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする