GITの基本的な使い方 – 初心者も使えるコマンドリスト

PHP
スポンサーリンク

こんにちは、てっちーです。レンタルサーバーにリモートリポジトリを置き、ローカルで開発しているので、その時のGitの使い方を紹介します。これだけ覚えておけば、普通の使い方は大体できます。

はじめに

git環境の構築は済んでいる前提の内容になります。gitのインストールやレンタルサーバーへgitからsshでアクセスする環境の構築を行っておいてください。

下記のコマンド内の“URL”は、gitからsshでアクセスする”URL”になりますので注意してください。(httpsアクセスではありません。)

細かい説明は一切していません。ステージやコミット等、gitの考え方はこちらのページが参考になります。ステージングって何だっけ?という時に見てみて下さい。

リポジトリ作成

ワーキングディレクトリですでにいくつかのファイルがあり、それをローカルリポジトリへ登録したい場合の手順です。

ローカルリポジトリ作成

下記のコマンドで、順に「リポジトリの作成」、「既存ファイルをステージングエリアへ追加」、「リポジトリへコミット」を行います。

“Initial files”には、適切なコメントを入れて下さい。履歴確認の時に参照できます。

git init
git add .
git commit -m "Initial files"

リモートリポジトリ

ローカルリポジトリで開発を行い、それを新しくリモートリポジトリを作成し、そこへプッシュする手順です。

サーバー側でリモートリポジトリを作成

下記のコマンドをレンタルサーバー側のリポジトリを格納したいディレクトリ内で実行する。そうするとリモートリポジトリが作成できる。

git init --bare --shared

ローカルからリモートリポジトリへプッシュする

ローカルリポジトリ内で、下記のコマンドを実行してください。
動作としては、ローカルリポジトリのリモートリポジトリのアドレスである”origin”が設定されていないので、下記の”git remote add”コマンドで”origin”を設定した後、リモートリポジトリへプッシュしています。

git remote add origin "URL"
git push origin master

なお、originの変更は下記のコマンドで可能です。

git remote set-url origin "URL"

originの確認も下記のコマンドで出来ます。

git remote -v

運用時によく使うコマンド

全てローカルリポジトリで使用するコマンドです。

ローカルリポジトリをクローンして作成する

git clone "URL"

ステージング関連

編集ファイルをまとめてステージングする

git管理下にある編集したファイルを全部ステージングする。

git add -u

ファイル別にステージングする

ファイル名の指定には、ワイルドカードとして“*”を使えるので、特定の拡張子のファイルのみ登録することも可能。ファイル名の代わりに“.”(ピリオド)を入れるとgit管理下ではないファイルもすべてステージングできる。

git add "ファイル名"

ステージングしたファイルの削除

間違えてステージングしたり、ステージングをやめたい場合に使えます。ファイル名を省略するとすべてのステージングしたファイルを削除します。

git reset HEAD "ファイル名"

ステージング状況の確認

ステージングされているファイル、されていないファイル、git管理下でないファイル等確認ができる。

add status

コミットする

基本コミットコマンド

git commit -m "コメント"

直前のコミットコメントの変更

viが立ち上がるので、編集にはご注意を。viの編集方法は、”i”で編集、”esc”で編集終了、”:w”でセーブ、”:q”でファイルを閉じるです。よくわからなくなったら、”esc”を押してから、コマンドを入れましょう。

git commit --amend

git管理下の編集ファイルをステージングせずにまとめてコミット

git commit .

リモートリポジトリとのやり取り

リポジトリ作成の項目を参考に”origin”を設定してから行ってください。”origin”はリモートリポジトリのURLです。

ローカルリポジトリをプッシュして、リモートリポジトリへ登録

git push origin master

リモートリポジトリからプルして、リモートリポジトリへ反映させる

git pull origin master

便利機能

ログ確認

git logは色々なオプションがあるので調べてみて下さい。

git log ファイル名

差分確認

git diff も使い方がたくさんあるので、過去との差分を確認したいときは調べてみて下さい。

git diff ファイル名

まとめ

基本的なコマンドをまとめました。いつも忘れてしまうのでこれで大丈夫のはず!

何か良い使い方があればこのページを更新していきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました